ころみ堂defrag@blog

ころみ堂defrag@blog

頭の中をdefragしたくて書いている。妄想を小説にするのが生きがい。

【名付け親さんご紹介】一部キャラの改名しました。

 前回の記事(いろいろ落ち着いてきたので近況報告。 - ころみ堂defrag@blog)にも書きましたが、小説に出てくるキャラを改名しました。

 移転前から読んでくださってるレアでコアな読者さまにしか分からない内容だったりしますが(汗)。

 名付け親さんのご紹介もしていますので、よかったらツルツルっと読んでいただければ。

今回改名したのは、二人組女性アイドルの「妹じゃない方」

 というワケで、結局、二人とも改名することになりました(滝汗)。

 改名の理由は、一番大きなものとしては、「似たような名前になってしまったから」。

「美貴」と「美里」ってぱっと見て区別が付きにくいですよね……。まず同じ場面に現れることもないので問題ないといえばないんですけど。

 二人の性格も割と作品の中では似たタイプになってるかな、と。まぁ、あぁいうコが好みなんでしょうね、某リーダーの。

 どちらの名前を先につけたか記憶が定かでないんですよね……。先に名前が出てくるのは「美貴」だけど、キャラとして台詞や動きがあるのは「美里」なんですよ。……なんですよって言うけど、そこに気づいたのは今回移転作業してるときでしたけど。

 もっと出だしからガンガン出てるイメージだったんだけど、まともに出てくるのは第四章で、それまでに出てくるのって高橋兄妹の会話くらいだったという……衝撃。

 そんなワケで、まだまだ移転作業中ではありますが、ちょうど登場シーンが多くなってくる第四章を更新し始めたところなので……。彼女の新しい名前を発表します。

新しい名前は「汐音(しおね)」

「汐音(しおね)」ちゃんです。……「ちゃん」づけに違和感(キャラの性格的に)。

 アイドルとしてのあだ名(ニックネーム)の表記はアルファベットで「SHIO」です。

 ちなみに、「妹」の方は「奈々子(ななこ)」で、あだ名はひらがなで「なーこ」。

 イメージとしては、ひらがなは『ほわ〜ん』としてて、アルファベットの方が『シャキッ』って感じ……え、そんな感じしませんか。しますよね。しないかな……どうかな……。

 お話を書き始めたときは、こんなに(時間的にも文章量的にも)長く書くことになるとは思ってなかったので、きっと深く考えずに名前を付けてしまったんだろうな……(遠い目)。

 この先もまだまだ長いですし(汗)、汐音も登場シーンはそう多くないかもですが、結構重要キャラになりつつある感じなので、このタイミングでの改名にご理解いただければと思います。

名付け親は、しらたまさん。

 こんなゆるっとした相沢の企画(ともいえないつぶやき)にノってくれた、しらたまさん。

 いつもTwitterで優しく声をかけてくださいます。ありがたやー。

 そんなしらたまさんのブログから、気になる記事をご紹介。

shiratama07.com

 めっちゃ共感した記事!

 妊娠中や産後、たま○よ系の雑誌とか読んでて不安だったママ友問題(笑。

 一人目が生まれたときは、人付き合いが苦手なのに、「子どものためには克服しなきゃ!」なんて毎日公園に出かけたりしたこともあったな……(遠い目)。

 ほんと、最低限の挨拶とやりとりさえできれば困ることもないし、少なくとも嫌われたりはし……てないと思います。ちょっと絡みづらいな、とは思われていそうだけど(汗)。

 誰かを攻撃したりせず、「わたしは無害ですよ」って顔してればぜんぜんオッケー(笑)。

 あとは、こちらの記事。

shiratama07.com

 これも、一人目のときは食べさせなきゃ!って思いがちで、いま振り返ればそれはそれは鬼のようだったな私……(滝汗)。

 一番被害を受けた長男は、高校生になった今もブロッコリーが苦手です(食べられなくはないけど)。おかげでお弁当にブロッコリーが入れられません。大打撃。

『これが苦手!』ってイメージを植え付けないのが重要かもしれないと今は思います。

だから最近は、「できれば一口食べてみてー」って声かけしてます。あとは、野菜の苦味とか肉の固さとかが理由なら、「大人になったら食べれるようになるよ」とかね。

 しらたまさんのブログはこちら。

shiratama07.com

まとめ。

 そんなわけで(どんなわけだ)。

 先に改名した兄妹と同様、汐音のこともこれからもよろしくお願いします。

 相沢ころみ(@koromi_aizawa)でした。